季節を彩る地元の食材

野菜類

さつまいも

さつまいものイメージ

地元の食材を使ったレシピはこちら

主な産地:下田地区
【旬:9月~2月】

●越紅(こしのくれない)
「越紅(こしのくれない)」は、新潟県三条市下田地区で収穫されている「さつまいも」のブランドです。「JAにいがた南蒲下田支店甘藷部会」によって栽培されています。
三条市下田地区は、さつまいも生産量で新潟県内有数の産地です。下田地区の土壌は赤土が多く、そこで栽培されたさつまいもは甘みが凝縮されています。
定番の「やきいも」に!いろいろなスイーツも最高です!じっくり時間をかけて加熱することで、より一層甘みが増します。

品種もいろいろ!用途や好みに合わせて選んでみてください。

●紅あずま

【収穫時期:8月末~10月初旬】色:黄色
甘みもしっかりした人気品種。天ぷらなど幅広い料理に!

●パープルスイートロード

【収穫時期:8月下旬~10月末】色:むらさき色
むらさき芋の中では甘みも十分!色を楽しむスイーツなどに◎

●金時芋

【収穫時期:9月~10月末】色:クリーム色
収穫後、2~3ヶ月熟成させて出荷。大学芋などに最適♪

●紅はるか

【収穫時期:9月中旬~10月下旬】色:黄白色
上品な甘さで、焼き芋にすると甘みが増しておいしいです!

●太白(たいはく)

【収穫時期:9月中旬~10月下旬】色:白色
明治時代からある品種で、幻の品種とも言われています。

●安納芋

【収穫時期:10月初旬~10月末】色:やまぶき色
丸みのある形で甘みが強く、焼き芋にするのがおすすめ!

■みなさん、知っていますか?

◆栄養・保存方法
秋に採れたさつまいもを冬まで熟成させることで、芋の中のでんぷんが糖に変わり甘さがグンッとアップ!だから冬のさつまいもは甘いんです。腸をきれいにする食物繊維も豊富。満腹感を感じやすく、小腹が空いた時に最適です。
新聞紙に包んで冷暗所で保存。温度が低いところでは低温障害を引き起こすので、冷蔵庫での保存は避ける。
★選び方
皮の色が鮮やかで、表面が滑らかなもの。ひげ根が生えているものは、繊維が多く筋張っている場合が多い。

食材のご購入は

  • なんかん直送便
    なんかん直送便
    産地直送・安心・安全のJAにいがた南蒲が運営している農産物直売サイトでご購入いただけます。
  • JAにいがた南蒲 農産物直売所 ただいまーと
    JAにいがた南蒲 農産物直売所 ただいまーと
    新潟県三条市福島新田丁634 tel0256-46-8313 fax0256-46-8300
    営業時間 9:30~18:00 定休日 毎月第1・3火曜日 駐車場 128台

※「なんかん直送便」「ただいまーと」では、当HPに掲載のすべての農畜産物を販売しているわけではございません。あらかじめご了承ください。