なんかん通信

三条産 秋キャベツ出荷最盛!

2018年10月26日(金):広報戦略室

 三条地区で、秋キャベツの出荷が最盛期を迎えています!

 出荷される主力の品種は「初恋」。信濃川沿いの河川敷で栽培されており、やわらかく、甘味があるのが特徴です。今年産は病気も少なく、例年通り甘くおいしく仕上がっています🎶

  JA石上倉庫には、生産者の方が朝に収穫したキャベツがどしどし持ち込まれます!トラックに積み込み、県内5市場に出荷。県内の消費者に届けられています🚚  👋☺

 出荷は11月下旬まで続く予定です。皆さんも三条産のキャベツをぜひ食べてみてください✨

  • DSC_8446
  • DSC_8477
  • 20181026_tsushin-01

大にぎわい!20日21日おまつりレポート!

2018年10月23日(火):広報戦略室

 20日 三条秋まつり(道の駅 庭園の郷 保内)、21日 中之島産業まつり(中之島支店、長岡市中之島支所周辺)・加茂市農業まつり(加茂駅前商店街周辺)と、各地区でおまつりイベントが開催され、大勢の来場者で賑わいました✨

 中之島産業まつりといえばジャンボおにぎり🍙があまりにも有名ですが、それに次ぐ催しが「農産物品評会」✨今年も、地元農家さんが心を込めて育てた農産物がたくさん集まりました!また、今年初の試みとして✨中之島中学校の生徒さんたちが中学生の目👀で見た「おいしそう!食べたい!」と思う農産物に投票する「中中賞(なかちゅうしょう)」が新設され、盛り上がりを見せました。それだけではありません!!お買い物をした来場者には抽選券が配られ、農家さんがこの日のために提供してくださったおいしい特産品が当たる抽選会も💓太っ腹!やったね~✌ステージイベントでは、なんかん育ちの歌やダンスをJAスタッフ全員で披露し、なんかん育ちを大いにPRできました(⌒∇⌒)

 それぞれの会場で野菜・果物販売や農協牛乳提供、ビンゴゲーム大会など、ご来場いただいた皆様の笑顔😊でほっこりあたたまることができ、感謝感激✨です(^▽^)/どうもありがとうございました!

 このあと11月3日には、田上町産業まつり・しただ秋まつり・みつけ秋の物産まつり が各地区で開催される予定です!ぜひ遊びに行ってみてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

  • sanjo_DSC_8315
  • nakanoshima_DSC9476
  • nakanoshima_DSC9326
  • kamo_DSC9605

魅力たっぷりの “なんかん” 再発見!なんかんたんけん隊バスツアー🚌

2018年10月22日(月):広報戦略室

 10月20日、管内をバスで巡り、地元の魅力を再発見するツアー「なんかんたんけん隊バスツアー」を行いました!👀✨

 このバスツアーは、農業体験や施設見学を通じて、地場産農産物や地域の魅力を再発見してもらうことを目的に行っています。今回は、旬の日本梨「新高」と、栄養たっぷりの「ブロッコリー」の収穫を体験。梨の収穫はあいにくの雨でしたが、午後のブロッコリー収穫の頃には雨もあがり、無事に催行することができました⛅ ほかにもJA南低温倉庫や、お箸作りで有名な「マルナオ㈱」さん、中之島の「大竹邸記念館」などを見学。最後には「ただいまーと」でお買い物を楽しみ、地元の魅力をたっぷり堪能した一日になりました✨

 ご参加・ご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました!💛

 JAでは今後も農業体験や施設見学を通じて地元に親しみをもっていただけるような取り組みを行っていきます。ぜひご参加ください!

  • _DSC9254
  • 営農情報② 梨
  • _DSC9183

加茂市 西宮保育園で出前授業を行いました!

2018年10月22日(月):広報戦略室

18日(木)に、加茂市の西宮保育園で出前授業を行いました!紙芝居やお米づくりのお話、3色食品群クイズをして、最後は、なんかん育ちのダンスで体を一緒に動かしました☆

西宮保育園のみんなは、春からバケツ稲作りに挑戦しました。(^^)v

秋に収穫をして、脱穀や籾すりなども体験したそうです(゜o゜)!すごい!良い経験ですね🍙

そんなこの日の給食は、きのこご飯。今日の給食に出てくる食材のカードを使って食べ物にはどんなはたらきがあるのかを学びました🍚🍖🌽🍊🍄

最後は、飯太郎、桃子が登場して「なんかん育ちダンス♬」🌾🍑

みんな、とっても上手でした(*^▽^*)とっても可愛かったです。

また、会おうね~~~(/・ω・)/💛

  • DSC_8222
  • DSC_8232
  • DSC_8258トリミング

加茂産「新高」全国へ!ギフト用出荷式

2018年10月18日(木):広報戦略室

 10月17日、加茂市のJA須田選果場で郵便局のカタログギフト用の梨「新高」の出荷式を行いました。加茂市長をはじめ、JAや日本郵便、市の関係者など40人ほどが参加。JAオリジナルキャラクターの「梨之助」がドライバーに「新高」を手渡すなどして、出荷を祝いました。トラックに積み込まれた加茂産の「新高」は、北海道から沖縄まで全国の注文を受けた消費者へ届けられます!

 日本梨「新高」は、みずみずしい甘さと豊かな香り、ジューシーな果肉が特徴です。今年は生育期に雨が少なかったため小玉傾向ですが、日照量が多かったため甘く仕上がっています。

今年産の出荷は10月末まで続きます。今しか味わえないおいしい秋の味覚を、皆様もぜひ味わってみてください♪

  • DSC_8160
  • DSC_8149
  • DSC_8166

こどもとふれあう おやこ農業体験を開催しました!

2018年10月16日(火):女性部・フレッシュミズ部会

13日に、「こどもとふれあう おやこ農業体験」を開催しました!毎年大人気のイベントです☆

三条市下田地区の、渡邉さんの畑におじゃまして、サツマイモの掘り取り体験をしました(*^▽^*)

軍手をつけて長靴をはいて、みんな一生懸命に土の中からサツマイモを探します(゜o゜)

サツマイモを袋いっぱいに詰めてお土産に(^^♪

お昼ご飯は、渡邉さんのサツマイモが入った豚汁や新米のコシヒカリ、新之助を食べ比べ🍙

それから、サツマイモを使った簡単おやつ“トライフル“も作ってたべました

みんな、楽しかったかな~おいしかったかな~

また、来てね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  • 01おやこ農業体験
  • DSC_7969あかるく
  • 02おやこ農業体験

長岡市 上通保育園で出前授業を行いました!

2018年10月16日(火):広報戦略室

 12日に、長岡市の上通野保育園で出前授業を行いました!お米づくり、地元の特産品であるレンコンに関するお話や、紙芝居の読み聞かせ、クイズなど、約1時間の授業を行いました。

 特に、地元のみなさんにはなじみ深い、大口れんこんのお話には真剣に聞き入っていました!つらなっているレンコンを触ったり、茎や葉っぱと背比べしたり、レンコンのいろんなことをお勉強できましたね!

 クイズタイムではみごと全員全問正解!!みんなすごいな~!!さすがです!

 なんかん育ちのダンスは、飯太郎をお手本に上手に踊れました♪シャキシャキレンコンをいっぱい食べて、また一緒に元気に踊ってね!

  • DSC_7599
  • DSC_7633
  • DSC_7709
  • DSC_7637

米の保管倉庫を一般開放!

2018年10月10日(水):広報戦略室

 JAにいがた南蒲では、燕三条地域で行われた「燕三条工場の祭典」に参加しました。10月6、7日の2日間、三条市栄地区にある南低温倉庫を一般開放。2日間で県内外から160人ほどの見学者を受け入れました。

 南低温倉庫は、県内でも最大規模の収容能力を持つ倉庫。庫内には、今年産の新米約8万袋(30キロ紙袋入り)、1トンバック約2100袋などが保管してあります。見学者からは数量の多さと、きれいに高く積み上げられた保管米の壮観さに歓声が上がっていました。見学者へは「新之助」の新米おにぎりをプレゼント。多くの消費者に見学してもらい、なんかん米のイメージアップにつながりました。

  • DSC_6909
  • DSC_6919
  • DSC_6924

秋の収穫祭スタート!

2018年10月10日(水):広報戦略室

 当JAなどが主催する秋の収穫祭が10月6日からスタートしました。

皮切りとなったのは、三条市栄地区の「いちい地区収穫まつり」です。あぐりセンターいちい店を会場に農産物即売会や歌謡ショー、ビンゴ大会、縁日コーナー、青年部のラーメンコーナーなど大勢の人で賑わいました\(^o^)/新米おにぎりの振る舞いには、会場の外にまで続く長~い行列ができ、用意した500人分は10分ほどで無くなりました。おにぎりを受け取った人たちは、取れたての新米をその場で味わっていました(^^♪

 JAでは、日頃の組合利用や事業への理解、協力に対して感謝の気持ちを込めて収穫祭を行っています。組合員や地域住民と交流し、地域に根ざしたJAづくりを目指しています。

 

★各地区のおまつり情報

三条秋まつり 10月20日(土)

加茂市農業まつり 10月21日(日)

中之島産業まつり 10月21日(日)

しただ秋まつり 11月3日(土)

田上町産業まつり 11月3日(土)

みつけ秋の物産まつり 11月3日(土)、4日(日)

 

会場・時間などはコチラをご覧ください ⇒ 新鮮工房vol.51

 

皆さんのご来場をお待ちしておりますm(__)m

  • DSC_7001
  • DSC_7061
  • DSC_7017
  • DSC_7036

新鮮工房(2018秋号)を発行しました!

2018年10月04日(木):広報戦略室

9月29日(土)に、JAにいがた南蒲のコミュニティ誌「新鮮工房」秋号を発行しました(^^♪

地域の食や農業をたのしく紹介しています♬

今回のテーマは、「お米と一緒に味わう、秋の恵み」。なんかん産の旬の農産物や加工品を使ったレシピ、農産物直売所「ただいまーと」の出荷者さんを紹介(*^^*)

他にも・・・

◇見附市でつくられたニラが子どもたちの給食になるまでを追跡調査

◇さらに!お米が当たるプレゼントクイズもあります!(応募締め切り10月12日)

◇イベント情報も♪

見逃した方は、こちらから👀「新鮮工房」秋号 

 

(写真)新鮮工房の表紙撮影時

  • DSC_4965
  • DSC_4970
  • キャラ