営農情報

農業助成金・資金

■農業者の所得増大・生産拡大積立金(2億円基金)

JAにいがた南蒲は、農業振興と農を通じた豊かな地域づくりを目的として、「農業所得増大・生産拡大」を志す農業者に対し、新たにチャレンジする取り組みへ支援いたします。
令和3年度は10項目の内容で支援いたします。本事業をぜひご活用ください。

【継続】

【新規】

取り組みを検討される場合には最寄りのJA農機センター、車輌センター、あぐりセンター、TACへご相談下さい。

■農業支援資金

現在、ご案内できる資金はございません。

■ドローン受講申込書(ヤンマースカイスクール)

申込書のダウンロードはこちら

栽培履歴記帳(水稲・大豆)

詳細については各営農センター米穀課へ
お問い合せください。
北営農センター 米穀課 電話 0256-47-1429
南営農センター 米穀課 電話 0258-61-2903

栽培暦・防除暦(水稲・大豆・果樹)

詳細については各営農センター米穀課・園芸特産課へ
お問い合せください。
北営農センター 米穀課 電話 0256-47-1429
北営農センター 園芸特産課 電話 0256-47-1469
南営農センター 米穀課 電話 0258-61-2903
南営農センター 園芸特産課 電話 0258-61-2904

水稲栽培技術情報

積算温度表

詳細については各営農センター米穀課へ
お問い合せください。
北営農センター 米穀課 電話 0256-47-1429
南営農センター 米穀課 電話 0258-61-2903

新之助研究会

詳細については各営農センター米穀課へ
お問い合せください。
北営農センター 米穀課 電話 0256-47-1429
南営農センター 米穀課 電話 0258-61-2903

土づくり情報

詳細については各営農センター米穀課へ
お問い合せください。
北営農センター 米穀課 電話 0256-47-1429
南営農センター 米穀課 電話 0258-61-2903

こだわり米とは

 JAにいがた南蒲のコシヒカリは3割減減米(化学肥料・化学合成農薬を慣行基準より3割以上削減して栽培した米)を標準としておりますが、一歩進んだ「こだわり米(5割減減米)」にも取組んでいます。

○JAにいがた南蒲のこだわり米要件
  • 品種はコシヒカリBL
  • 使用する肥料・農薬を統一して栽培(JAで指定)
  • 新潟県特別栽培農産物認証の取得

【肥料・農薬の使用基準(令和2年産)】

区分慣行基準こだわり米
化学肥料使用量
(化学窒素成分kg/10a)
6㎏ 3㎏以下
節減対象農薬使用回数
(成分回数)
18回9回以下

【令和2年産こだわり米節減対象農薬】

使用資材名 用途 使用回数
フィプロニル 殺虫 1回
ジノテフラン 殺虫 1回
ピラクロニル 除草 1回
プロピリスルフロン 除草 1回
ブロモブチド 除草 1回
ベンタゾンナトリウム塩 除草 1回
シハロホップブチル 除草 1回
TPN 殺菌 1回
チオファネートメチル 殺菌 1回

営農情報メールマガジン

「あなたの携帯電話に営農情報をお届け!」

稲作技術情報をよりタイムリーにお届けできるようメールサービスを行っております。アクセスは携帯電話から。
登録無料(通信料除く)
http://moweb.jp/ja-nankan/

お米情報専用LINE

稲作情報(定期情報・緊急情報)、出荷契約、集荷検査に関する情報、米追加払いなど
精算関係の事前告知など米穀関連情報を随時配信します。